btinc.jp シェアウェア・フリーウェアTop
特長  マニュアル インストール編  マニュアル 操作編  辞書データについて  ダウンロード 
YubinAid マニュアル インストール編

【インストール】

ダウンロードしたファイルを解凍し、エクスプローラなどでアドインと郵便番号辞書を 書込みのできるフォルダに配置してください。
その後、エクセルでアドイン登録を実施してください。(詳細は下記)

1.解凍

ダウンロードファイルはLZH圧縮されています。 解凍ソフトで適当な場所(たとえばデスクトップ)に解凍してください。
ファイルは5つあります。

(1)YubinAid.xlaExcelアドイン
(2)Yubindic.mdb郵便番号辞書
(3)はじめにお読みください.txt
(4)マニュアル.txt
(5)郵便番号辞書について.txt

2.アドインを置く

解凍フォルダの中の YubinAid.xlaを、書き換えのできるフォルダに、エクスプローラなどで移動または複写してください。
ネットワーク上のファイルサーバなどに置いてもかまいませんが、複数クライアントで共有することはやめてください。

C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICExx\Library
C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICExx\ADDINS
などProgram Filesフォルダの下は、管理者権限がないアカウントでは書き換えができませんので避けてください。
(本アドインは終了時に自身を上書き保存します)

WindowsXPの場合

C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Microsoft\AddIns
が標準ですが、[マイ ドキュメント]フォルダに適当なサブフォルダをこしらえてそこに置いてもかまいません。

WindowsVistaの場合

書き換え可能な標準のアドイン用フォルダというものが用意されていないようです。
(間違っていましたらご指摘ください)
[ドキュメント]に適当なサブフォルダ(たとえばyubinaid)を作成しそこに配置することをお勧めします。

※ 解凍フォルダをそのまま置き場所にするという方法も取れます。
その場合、フォルダ名にくっついているバージョン番号の部分は取っ払った方が バージョンアップの時都合がいいと思います。
(YubinAid_1_00 → YubinAid に変更)

3.郵便番号辞書を置く

解凍フォルダの中の Yubindic.mdbを、書き換えのできるフォルダに、エクスプローラなどで移動または複写してください。
WindowsXPの場合は「マイ ドキュメント」、Vistaの場合は「ドキュメント」フォルダに 適当なサブフォルダをこしらえそこに置くことをお勧めします。
アドインと同一フォルダでもかまいません。
アドイン同様、ネットワークドライブに置くことはかまいませんが、複数クライアントによる共有はしないでください。

最初のアドイン起動時に辞書フォルダを指定する必要がありますので、どこに置いたか覚えておいてください。

※ この郵便番号辞書は、日本郵便サイトからダウンロードしたKEN_ALL.CSV(2009/10/30版)を元に作成したものです。
事業所個別番号のデータは入れてありません。 必要であれば日本郵便サイトからダウンロードし追加取り込みをしてください。 (操作編 辞書メンテ参照)

4.アドインの登録

エクセルを起動し、アドインフォームを開いてください。

アドインフォーム

アドインフォームの開き方 Excel 2000/2002/2003の場合

[ツール] -> [アドイン] で開きます。

アドインフォームの開き方 Excel 2007の場合

2ステップで開きます。

Officeボタン → Excel のオプション

Excel アドイン選択 → 設定ボタン

アドインフォームを開いたら

アドインフォームを開いてからの操作は共通です。

標準の場所に置いた場合は「有効なアドイン」のリストに「Yubinaid」が表示されますので、 左側のチェックボックスにチェックを入れてください。

「マイドキュメント」内など標準の場所でない場合は、 「参照」ボタンをクリックしてアドインファイルを指定してください。
「有効なアドイン」リストに表示されたら同じくチェックを入れます。

「OK」ボタンをクリックすれば登録完了です。

※ アドイン登録するとExcel起動時に自動的に読み込まれるようになります。
住所入力を行わないときには読み込まないでおきたいという方は、 アドインフォームでチェックをはずすようにしてください。
必要なときにチェックを入れれば、また使用できるようになります。

※ 登録時に、Yubinaidアドインが用いるデータベース関連のコンポーネントが 使用可能かどうかチェックされます。
使えない(インストールされていない)ものがある場合は警告メッセージが出ます。

【アンインストール】

アドインと郵便番号辞書をエクスプローラなどで削除すればOKですが、 アドインフォームの「有効なアドイン」リストに残ってしまうのがいやだという方は下記をお読みください。

1.アドインと郵便番号辞書の削除

エクスプローラで YubinAid.xla および yubindic.mdbを削除してください。
インストールの際、新たにこしらえた専用フォルダがあればこれも削除してください。

※ エクセルが起動していたら終了させてから削除してください。

2.アドイン登録の抹消

登録の時と同じようにアドインフォームを開いてください。
「有効なアドイン」リストの「YubinAid」をクリックすると、見つからないのでリストから削除するかという旨の 問合せがあります。OKと答えれば抹消完了です。

※ エクセル起動時に YubinAidが見つからないというメッセージが出ることもありますが、 ここでの応答では登録抹消となりません。

ページ先頭