btinc.jp シェアウェア・フリーウェアTop
 デモ   クラス仕様   クラスを使う   ダウンロード 
CurveFit クラス
プロパティ
PointsCountInteger
ポイント数
PointsXVariant
ポイントX座標 PointsX(i) As Double  i:0〜PointsCount-1
PointsYVariant
ポイントY座標 PointsY(i) As Double  i:0〜PointsCount-1
SplineCoefstVariant
三次補間式係数配列 SplineCoefs(j, s) As Double  j:次数 0〜3 s:区間番号 0〜PointsCount-2
メソッド
InitSetret: Integer
引数pCountIntegerポイント数 (pCount>=3 and pCount<=POINTSMAX)
pX() Double, pY() Double ポイント座標 (配列はゼロ基底)
ret正常終了の場合はポイント数を返す。
-1ポイント数エラー pCount<3 or pCount>POINTSMAX の場合
-2配列の基底がゼロでない。
-3ポイント配列の要素数がpCountに満たない。
(pCount以上の要素数の場合は、インデックスpCount-1までを生かしエラーとはしない)
-4pX()に重複がある場合
InitSetが正常に終了しなかった場合、pCountの値の如何に関わらずプロパティPointsCountは0である。
また、バリアント型のプロパティ・メソッドの戻り値はEmptyとなる。
YValSplineret: Variant
引数xDouble
retxに対応するY値を補間式より算出してDouble型で返す。
計算不可の場合はEmpty (xがpXの最大値より大きい、または最小値より小さい場合もこの場合に含まれる)
GetLSMCoefsret: Variant
引数jisuInteger多項式次数
ret最小二乗法(least square method)による近似多項式の係数をDouble型の配列として返す (インデックスが次数を表す。 0 〜 指定次数)
計算不可の場合はEmpty
制限
最大ポイント数6000
定数 POINTSMAXとして定義。ソースコードレベルで変更可能
最小二乗近似多項式の最大次数10
定数 MAXJISU_LSMとして定義。ソースコードレベルで変更可能

ページ先頭