プチアプリケーションのお勧め

ワークシート関数はじめの一歩 (Excel2002)

アンケート処理 (Excel2002)

プチアプリケーションのお勧め

Microsoft Excelは、市販パソコンにバンドルされることも多くたいへん馴染み深いソフトであると同時に、 奥が深く非常に使い出のあるソフトでもあります。
うまく活用すれば驚くほどの効率化を実現することができます。
このコーナーでは、Excelの活用事例を追々にご紹介していきたいと思います。

ワークシート関数

Excel活用の第一歩はワークシート関数を利用することです。
Excelがデフォルトで備えるワークシート関数はたいへん豊富で、「こんなものまであるんだ」と感心させられることもたびたびです。
ただし、これら関数の名前や使い方をわざわざ覚える必要はありません。 ヘルプに関数一覧がありますから、それを辞書のように使ってセルに埋め込めるようになれば十分です。 よく使うものは自然に覚わります。
とはいっても、初めての場合はちょっと敷居が高いかもしれません。 そんな方は、ワークシート関数はじめの一歩を読んでみてください。

VBA (マクロ)

活用の次の一歩はVBA(Visual Basic for Application)を使うことです。
Excelでの一連の操作をVBAの文法で記述した自動化プログラムをマクロというため、VBAすなわちマクロと思われがちですが、 条件分岐や繰り返し機能を備えたれっきとしたプログラミング言語です。
VisualBasicなど他の言語を使える人ならさほど抵抗はないと思いますが、他の言語を含め全くプログラミングの経験のない人は 適当な入門書の学習から始めるのがよいと思います。

活用事例として、VBAのちょっとしたプログラムもご紹介していきます。

プチアプリケーション

VBやC#などで本格的なシステムをこしらえるまでもなく、ワークシート関数を埋め込んだりVBAのプログラムを組み込んだExcelで 充分間に合うことはよくあります。
こんなExcelを指してここではプチアプリケーションと呼びます。

プチアプリケーション作成承ります

お話をお聞かせいただきその上で、ご所望の処理システムがプチアプリケーションの範疇でできるものなのかを判断して お見積(納期、費用)を提示させていただきます。

メール、電話でのやりとりを基本としますが、場合によっては出張いたします。
ただし、遠方の場合(弊社所在地 岐阜県中津川市)はお断りすることもあります。

まずはメール( )または電話(0573−62−0366 担当 嶋崎)でご連絡下さい。